活用にお困りの備蓄食品、
必要としている場所に
私たちがお届けします。
食品ロス・リボーンセンターは、運輸会社との連携によるロジスティクスの強みを生かした、大ロットの備蓄食品のマッチングを行います。 入れ替え時に不要となった備蓄食品をお預かりし、賞味期限や保管状況に合わせて、2,000以上の福祉施設やNPO、フードバンクに寄贈・提供しています。
          
事業紹介
備蓄食品の活用事業
福祉施設、社会福祉協議会、自治会、学校、更には全国の子ども食堂、フードバンク等との ネットワークを通じて、備蓄食品をご希望のエリア・対象先・活用シーンに沿って受け入れ先にお繋ぎします。
教育事業
備蓄食品を活用した学校給食を実際に食べながらの授業や食品ロスや防災をテーマとした食育など、ニーズに合わせた授 業や講演を企画、実施します。
        取り組んでいる課題        
エコフィードの普及
食品ロスを利用して牛や豚や鶏のエサをつくることを、エコフィードといいます。食品ロスの活用方法として、エコフィードが広がるよう、食品ロス・リボーンセンターでは食育を中心とした普及活動を行っています。          
液体ミルクの備蓄推進
液体ミルクの災害備蓄が必要とされていますが、現実にはあまり備蓄は進んでいません。食品ロス・リボーンセンターではリデュースとリサイクルの仕組みを作ることで備蓄の推進に取り組んでいます。
   
利用者の声
備蓄食品を寄贈していただいた団体様より
備蓄食品を入れ替えようと思っていたところ、大量の食品を廃棄するしかないと思っていたのですが、みなさんに喜んでいただける活用法があり、助かりました。
紹介ムービー
previous arrowprevious arrow
PlayPlay
PlayPlay
next arrownext arrow
 
備蓄食品の活用にお困りの企業・団体の方は、お気軽にお問い合わせください。
寄贈をご検討の自治体・企業様へ
寄贈を受けたい団体様へ
問い合わせはこちら          
センターについて
団体概要
情報の記録、倉庫での在庫確認、保管に関する衛生管理、寄贈先の方々とのコミュニケーション...安心・安全な備蓄食品のマッチングを実現するためには、多くの課題が存在します。私たちは、パートナーシップによりこれらを解決していきます。
会員制度について
賛助会員制度は、様々なサプライチェーンの皆様と共に食品ロス削減の普及と推進を目指すためのプラットフォームです。意見交換会への参加や各種割引など、特典もございます。※寄贈に関して賛助会員への入会は必要ありません。        
実績・お知らせ
期間限定で食育に関わる方々とのコミュニケーション、情報共有を促進するためLINEのオープンチャットでコミュニティを開設しています。 当団体のセミナーに参加いただいた方など食育に関心をもっていただいた方に招待をお送りして承認制で運営しています。 このコミュニティは、食品ロスからSDGsまで幅広いテーマを やり取りできる場としてアドバイザーに食育の専門家、リサイクル事業者、畜産農家(生産者)、環 境カウンセラーに参加頂き、皆さんと交流を図る場を用意します。 また実際にエコフィードで育てた豚肉を使った給食と連携して食育を実施された栄養士、栄養教諭の方々がどういう課題を乗り越えどのように実施されたかを知って頂けるよう順次実施して頂いた方々のお話、ご意見も伺えるよう参加頂きます。  このコミュニティを通じて、食に関する活動をされている皆様の情報交換が活発となり、日々の活動に貢献できることを願っております。そして、エコフィードで育てた畜産物を学校給食で子どもたちに食べて貰うことで体験しながら食品ロスを学ぶ機会をより多くの先生方と子どもたちに提供できるようサポートさせていただきます。 参加をご希望の方は、お問合せフォームからご依頼ください。招待をお送りいたします。 お問合せフォーム 【食育コミュニティ概要】 オープンチャット名 食育応援コミュニティ(食品ロス・リボーンセンター) テーマ :食育・SDGs・食品ロス 形式 :LINEオープンチャット LINEアカウントの登録が必要です。LINE WORKSアカウントからは参加できません。 開設期間:9月20日~11月19日 3ヵ月 コミュニティ参加費用:無料 【コミュニティ内企画】 ・質問コーナー投稿していただいた質問にアドバイザーが答えます。(例)日頃食育の活動の中での疑問、SDGs関連、当団体のエコフィード食育プログラムの導入の仕方など、テーマに関すること ・食育情報共有食育でこんなことを取り上げました、給食だよりを作成しています。など皆さんがどのような活動をしているか教えてください。アドバイザーや当団体からも食育の活動に役立つ情報を投稿させていただきます。 ・投票企画 発言しづらい方も簡易にアンケート投票で話題に参加できる工夫もあります。 【ご参加にあたって】 ・参加は事務局の承認制となります。 ・お申込みに当たっては、ニックネームと別にご所属・お名前をご記入ください。 ・ニックネームはオープンチャットに表示される名前になります。LINEアカウントとは別にお好きなもので結構です。オープンチャットから直接個人のLINEアカウントが知られることはありません。 ・LINEオープンチャットの機能など詳細はこちらをご確認ください。 【参加予定のアドバイザー】 藤本勇二 武庫川女子大学 教育学部 准教授 高橋巧一 日本フードエコロジーセンター 代表取締役社長 川上弾 あずみ野エコファーム 代表取締役社長 鬼沢良子 環境カウンセラー NPO法人 持続可能な社会をつくる元気ネット 理事長 他 当団体関係者 一般社団法人 食品ロス・リボーンセンター https://lpgen.line-scdn.net/openchat/guide.html#about
2022.9.28
        イベント        
寄贈に関するご意見・ご感想の送付、教材提供の依頼などをご希望の
企業・団体・学校関係者の方は、こちらをご覧ください。
お問い合わせ
備蓄食品の活用をご検討されている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。