活用にお困りの備蓄食品、
必要としている場所に
私たちがお届けします。
食品ロス・リボーンセンターは、運輸会社との連携によるロジスティクスの強みを生かした、大ロットの備蓄食品のマッチングを行います。 入れ替え時に不要となった備蓄食品をお預かりし、賞味期限や保管状況に合わせて、2,000以上の福祉施設やNPO、フードバンクに寄贈・提供しています。
事業紹介
備蓄食品の活用事業
福祉施設、社会福祉協議会、自治会、学校、更には全国の子ども食堂、フードバンク等との ネットワークを通じて、備蓄食品をご希望のエリア・対象先・活用シーンに沿って受け入れ先にお繋ぎします。
教育事業
備蓄食品を活用した学校給食を実際に食べながらの授業や食品ロスや防災をテーマとした食育など、ニーズに合わせた授 業や講演を企画、実施します。
        取り組んでいる課題        
エコフィードの普及
食品ロスを利用して牛や豚や鶏のエサをつくることを、エコフィードといいます。食品ロスの活用方法として、エコフィードが広がるよう、食品ロス・リボーンセンターでは食育を中心とした普及活動を行っています。          
液体ミルクの備蓄推進
液体ミルクの災害備蓄が必要とされていますが、現実にはあまり備蓄は進んでいません。食品ロス・リボーンセンターではリデュースとリサイクルの仕組みを作ることで備蓄の推進に取り組んでいます。
   
利用者の声
備蓄食品を寄贈していただいた団体様より
備蓄食品を入れ替えようと思っていたところ、大量の食品を廃棄するしかないと思っていたのですが、みなさんに喜んでいただける活用法があり、助かりました。
紹介ムービー
previous arrowprevious arrow
PlayPlay
PlayPlay
next arrownext arrow
 
備蓄食品の活用にお困りの企業・団体の方は、お気軽にお問い合わせください。
寄贈をご検討の自治体・企業様へ
寄贈を受けたい団体様へ
問い合わせはこちら          
センターについて
団体概要
情報の記録、倉庫での在庫確認、保管に関する衛生管理、寄贈先の方々とのコミュニケーション...安心・安全な備蓄食品のマッチングを実現するためには、多くの課題が存在します。私たちは、パートナーシップによりこれらを解決していきます。
会員制度について
賛助会員制度は、様々なサプライチェーンの皆様と共に食品ロス削減の普及と推進を目指すためのプラットフォームです。意見交換会への参加や各種割引など、特典もございます。※寄贈に関して賛助会員への入会は必要ありません。        
実績・お知らせ
期間限定で食育に関わる方々とのコミュニケーション、情報共有を促進するためLINEのオープンチャットでコミュニティを開設しています。 当団体のセミナーに参加いただいた方など食育に関心をもっていただいた方に招待をお送りして承認制で運営しています。 このコミュニティは、食品ロスからSDGsまで幅広いテーマを やり取りできる場としてアドバイザーに食育の専門家、リサイクル事業者、畜産農家(生産者)、環 境カウンセラーに参加頂き、皆さんと交流を図る場を用意します。 また実際にエコフィードで育てた豚肉を使った給食と連携して食育を実施された栄養士、栄養教諭の方々がどういう課題を乗り越えどのように実施されたかを知って頂けるよう順次実施して頂いた方々のお話、ご意見も伺えるよう参加頂きます。  このコミュニティを通じて、食に関する活動をされている皆様の情報交換が活発となり、日々の活動に貢献できることを願っております。そして、エコフィードで育てた畜産物を学校給食で子どもたちに食べて貰うことで体験しながら食品ロスを学ぶ機会をより多くの先生方と子どもたちに提供できるようサポートさせていただきます。 参加をご希望の方は、お問合せフォームからご依頼ください。招待をお送りいたします。 お問合せフォーム 【食育コミュニティ概要】 オープンチャット名 食育応援コミュニティ(食品ロス・リボーンセンター) テーマ :食育・SDGs・食品ロス 形式 :LINEオープンチャット LINEアカウントの登録が必要です。LINE WORKSアカウントからは参加できません。 開設期間:9月20日~11月19日 3ヵ月 コミュニティ参加費用:無料 【コミュニティ内企画】 ・質問コーナー投稿していただいた質問にアドバイザーが答えます。(例)日頃食育の活動の中での疑問、SDGs関連、当団体のエコフィード食育プログラムの導入の仕方など、テーマに関すること ・食育情報共有食育でこんなことを取り上げました、給食だよりを作成しています。など皆さんがどのような活動をしているか教えてください。アドバイザーや当団体からも食育の活動に役立つ情報を投稿させていただきます。 ・投票企画 発言しづらい方も簡易にアンケート投票で話題に参加できる工夫もあります。 【ご参加にあたって】 ・参加は事務局の承認制となります。 ・お申込みに当たっては、ニックネームと別にご所属・お名前をご記入ください。 ・ニックネームはオープンチャットに表示される名前になります。LINEアカウントとは別にお好きなもので結構です。オープンチャットから直接個人のLINEアカウントが知られることはありません。 ・LINEオープンチャットの機能など詳細はこちらをご確認ください。 【参加予定のアドバイザー】 藤本勇二 武庫川女子大学 教育学部 准教授 高橋巧一 日本フードエコロジーセンター 代表取締役社長 川上弾 あずみ野エコファーム 代表取締役社長 鬼沢良子 環境カウンセラー NPO法人 持続可能な社会をつくる元気ネット 理事長 他 当団体関係者 一般社団法人 食品ロス・リボーンセンター https://lpgen.line-scdn.net/openchat/guide.html#about
2022.9.28
2022年08月24日一般社団法人 食品ロス・リボーンセンター 大好評!フードバンクと大学が共同で在学生や留学生の生活支援フードバンクとテンプル大学ジャパンキャンパスが共同で在学生やウクライナ人留学生の生活支援を開始 一般社団法人食品ロス・リボーンセンター(本部:東京都千代田区代表理事山田英夫)とテンプル大学ジャパンキャンパス(東京都世田谷区/学⻑マシュー・J・ウィルソン)は協同で、同大学の学生(学位プログラム学生数約 1,600人)の生活支援に乗り出すことで合意しました。 具体的には食品ロス・リボーンセンターがテンプル大学ジャパンキャンパスに年に3〜4回定期的に食料品を寄贈し、同大学では在学生や秋学期(8月末)から受け入れ予定のウクライナ人留学生の支援に充当します。 (左:テンプル大学ジャパンキャンパス:ウィルソン学⻑、右:食品ロス・リボーンセンター:山田代表) 寄贈品は企業や自治体が防災用品として備蓄していた食料品で、賞味期限切れの時期が迫っている『ミネラルウオーター・レトルト食品(カレー・ハンバーグ)・缶詰(ツナ缶・惣菜・パン)・アルファ米(白米・味付きライス)』など多種多様です。賞味期限切れまでの期間は、短いもので約 1 ケ月、⻑いもので1年数ケ月になりますが、期間管理は食品ロス・リボーンセンターが確認を行い、提供していきます。寄贈品を受け取る側の費用負担は、配送料を含めて一切ありません。 食品ロス・リボーンセンター 山田英夫代表のコメント「昨今、自然災害用の備蓄をすることが必須となってきた世の中の動きに対して、入れ替え時の大量廃棄が課題となっています。賞味期限が到来し廃棄せざるを得ないケースが多々ある中、このような活動が世界的な問題となっている大幅な食品ロスを防ぐ意味で、SDGsにも大きく貢献することになります。ぜひご活用いただきたいと思います。特に人気の食品は味付きの缶詰パンとのことですが、今後は学生から希望の多い果物やツナの缶詰、パスタ類なども提供していければと考えています。また乾パンなど、日頃あまり食べる機会が少ない食品については、栄養士の先生方にご考案いただいた、美味しい食べ方のレシピを開発し提供するなどをしていきます。寄贈側と受取側、双方のメリットに繋がるようなお手伝いができれば嬉しく思います。」 テンプル大学ジャパンキャンパス マシュー・J・ウィルソン学⻑のコメント「本学は、以前から経済的な事情で生活が厳しい学生とこの 8 月から受入れ予定のウクライナ人避難⺠学生の生活援助を考えていました。この度、食品ロス・リボーンセンターから素晴らしいお申し出をいただき感謝しております。大学としても、とても良いタイミングで学生への生活支援を開始することができました。大学内に設置されたフードロッカーに、食品ロス・リボーンセンターからいただいた食品や、別途寄付をいただいたもの、または寄付金によって大学で購入したものを入れています。学生のプライバシーを尊重し、学生は誰にも知られずにいつでも利用できるようにしています。」フードロッカー方式は学生に大変好評で配布開始初日で在庫の 85%が学生の手に渡ったとのことです。 団体概要会社名:一般社団法人食品ロス・リボーンセンター代表理事 山田英夫郵便番号:101―0054所在地:東京都千代田区神田錦町千代田プラットフォームスクエア 1132設立:2016 年 3 月 1 日電話番号(事務局042-290-2615) URLhttp://foodloss1.com/官公庁事業実績(表彰含む)・2022 年 1 月 14 日環境庁表彰第4回環境カウンセラー環境保全活動表彰の受賞・2016 年 7 月東京都モデル事業採択『物流センターを利用して防災備蓄食品を減量・リサイクルし、食品ロス削減に寄与する事業』同年 10 月事業開始・2016 年 5 月農林水産省エコフィード事業受託 業務内容(取組例)1. 食品リサイクルマッチング事業食品ロス・リボーンセンターが寄贈者と提供を受ける側の中間に入り、有効な使い道を図ります。(1)賞味期限前の防災備蓄食品を自治体・企業から回収し、学校(大学、専門学校、夜間中学)・子ども食堂・ 社会福祉協議会・社会福祉施設・老人福祉施設などに寄贈千代田区・足立区などの自治体と協定し継続的に寄贈先をコーディネート配布先実績約2,000 カ所(2021 年 3 月期)(2)雇用促進障害者を積極雇用している企業と提携し、食品の分別作業を通じて、障害のある方の雇用促進に寄与。2.リサイクルループ構築支援事業リサイクルループ構築支援事業リサイクルループ製品の消費者への普及、啓発リサイクルループ製品の開発リサイクルループ優良事例の普及リサイクルループ計画の事業申請書サポート・家畜用飼料へのリサイクル賞味期限切れや保存状態の良くないものは、飼料メーカーに提供し家畜用飼料などへの転換などに有効活用。3.1静脈物流構築事業食品関連事業者の静脈物流を活用した仕組みのサポート(例 消費期限切れ災害備蓄品等の効率的食品リサイクルのサポート)1 静脈物流とは、消費者からの返品や回収する商品、一般家庭からの廃棄物、リサイクル家電、産業廃棄物などを企業に輸送する物流のこと。リバースロジスティクスともいう。エコフィード認証・エコフィード利用畜産物認証支援「エコフィード認証」と「エコフィード利用畜産物認証」の総合窓口として「エコフィード認証 」の認証機関である(一社)日本科学飼料協会と安全性確認のための調査を行っているFAMIC(農林水産消費安全技術センター)、「エコフィード利用畜産物認証」の認証機関である(公社)中央畜産会と連携して普及啓発に当たっている。食品関連事業者に対する啓発事業エコフィードを与えた家畜から得られた畜産物やその加工食品を「エコフィード利用畜産物」として広める活動を行っています。食品リサイクル、食品ロス問題に関するセミナー、研修会の開催食品リサイクル時の分別手法や関係法令の啓発消費者に対する啓発事業(食品ロス問題の解決に向けた支援活動)(1)食品リサイクル、食品ロス問題に関する消費者向けセミナーの開催 食品リサイクルや発生抑制の手法についての啓発、普及活動。(2)教育事業として食育を実施。防災備蓄食品の調理法のレシピも開発し福祉施設・小学校給食に提供。(3)直近セミナー実績(Zoom ウェビナー)1令和4年7月2日食育実践セミナー「子どもたちへの食育から地域で取り組む SDGsへ〜食育と地域の小さな資源循環の実践を学ぶ」を開催。2令和4年2月26日「食育を通して子どもたちに SDGs を伝える授業ノウハウとエコフィード」を開催講師 武庫川女子大学 藤本先生4. 寄贈にあたっての諸条件(1)寄贈先の費用負担はありません。食品配送料は本団体がすべて負担します。※本団体の寄贈品配布内容(時期、対象地域)は都度変動します。マッチングした団体様に限り配布が可能となります。※配送料が高額になる沖縄県・小笠原諸島を始めとする諸島部は除きます。(2)都内の子供食堂などは個別に送付の対応が可能ですが、学校などで学生に個別配布をする場合は基本的に団体が一括して受領をしていただき、団体で個別の配布をお願いしています。(3)寄贈先は合意書の締結が必要です。後日結果報告の回答依頼があります。 問合せ先一般社団法人食品ロス・リボーンセンター備蓄担当電話:042-290-2615E-mail info@foodloss1.com (取材記事作成・構成・インタビュー写真撮影)株式会社ロードツリー小林秀樹 当プレスリリースURLhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000086534.html一般社団法人 食品ロス・リボーンセンターのプレスリリース一覧https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/86534
2022.8.24
        イベント        
寄贈に関するご意見・ご感想の送付、教材提供の依頼などをご希望の
企業・団体・学校関係者の方は、こちらをご覧ください。
お問い合わせ
備蓄食品の活用をご検討されている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。